サステナビリティ21 戦略

サステナビリティ21 戦略は、Genting Singaporeが持続可能な統合型リゾート開発におけるブランドリーダーとなるための戦略的努力を支えるサステナビリティ・フレームワークです。このフレームワークは市場、環境、人、コミュニティの4つの柱の上に構成されており、方針や慣行の立案のほか、環境、社会、ガバナンスにおける重要な要素に対する達成目標や行動計画に関する運営アプローチを支え、すべての関係者に価値を生み出す礎となっています。

RWS Sustainability - 4 Pillars of Sustainability21 Strategy IRM0011

RWSのサステナビリティ21 戦略は国際的イニシアチブや国内の政策と連携しています:

  1. 国連の持続可能な開発のための2030アジェンダ

    RWSでは、サステナビリティ戦略の指針を定めるフレームワークに持続可能な開発目標 (SDGs) のうち9つを取り入れています。

    RWS Sustainability-United Nations Sustainable Development Goals


  2. 持続可能なシンガポール・ブループリント2015

    持続可能なシンガポール・ブループリント2015には、以下の分野に焦点を当てた、より住みやすく持続可能な国作りに向けたシンガポールのビジョンと計画の概要が示されています:
    • アクティブで寛容なコミュニティ
    • 廃棄物ゼロ国家
    • エコスマートな愛される街
    • 世界を率いるグリーンエコノミー

サステナビリティに関連するご意見やお問い合わせは csr@RWSentosa.com までe-メールにてお寄せ下さい。