aRWSome Volunteer Day 2018 - Corporate Social Responsibility

「オーサム・ボランティア・デー」

「オーサム・ボランティア・デー」は、RWSが有する専門分野の力を生かして毎年行っている、最大のコミュニティ支援プロジェクトです。シンガポール中央地区と南西地区の開発委員会(CDC)と共同で、単身・少人数向けの賃貸住戸の改修整備を通じて、地元住民の居住環境向上に寄与しています。2017年の第1回に続いて、2018年に第2回が実施され、初回を上回る370人以上がボランティアとして参加しました。

2018

RWSによる第2回「オーサム・ボランティア・デー」では、8月17日、シンガポール中央地区と南西地区の開発委員会(CDC)とともに、テロックブランガー地区とラディンマス地区で合計45の住戸を改修する奉仕活動にあたりました。RWSからは、370人以上のボランティアが参加し、合わせて3,000時間分の作業を行いました。さらにこの日は、タイ・フア・クワン・シニア活動センターでランチパーティーも開かれ、RWSの人気レストラン、フォレストのサム・レオン料理長による特製ランチが、約100人の高齢者の方々にふるまわれました。

 


2017

4月21日、南西地区CDCと共同で、RWSから参加した総勢240人を超える役員・職員らが、クレメンティ地区の単身・小人数向け賃貸住戸30戸以上の改修作業にあたりました。RWSの歴史上最大規模のコミュニティ支援活動となった、第1回「オーサム・ボランティア・デー」は、社内の施設管理・工事部門の専門性を生かして、一般的な改装のレベルを超える改修を行いました。当日は、ボランティアがチームに分かれて対象住戸の改修にあたり、電気工事や配管工事が必要な部分は、専門技術を持ったスタッフが巡回しながら修繕していきました。この取り組みを機に、新たなボランティア休暇制度も導入され、RWSケアーズが実施または認定する活動に参加する場合には、年次有給休暇とは別枠の有給休暇が認められるようになりました。