シェフの経歴

リゾート・ワールド・セントーサのホテル・マイケルに位置し、国際的に高く評価されているセレブリティ・シェフのススール・リーとシニ・アエグゼクティブ・シェフのケン・リンが引き続き指揮を執っています。リー・シェフの代表的な現代アジア料理に加えて、メニューには、リン・シェフと彼のシェフチームによって調理された受賞歴のある創造的な中華料理が列を連ねます。

ススール・リー・シェフ | 同楽軒(トンロック・ヒーン) | リゾート・ワールド・セントーサ

ススール・リー・シェフ

「ポニーテールのシェフ」として愛情を込めて知られる、数々の賞を受賞した世界的に有名なシェフ、ススール・リーは、間違いなく世界で最もクリエイティブなシェフの1人です。彼はオリジナルスタイルのアジア風料理で最もよく知られていて、西洋の技術を使用して最高のアジアの味を完璧に組み合わせます。

2000年にフード&ワイン誌から「ミレニアムの10人のシェフ」の一人として賞賛されたススール・リーは、今でも成功しています。トロントで5つのレストラン(「リー」、「ベント」、「ラッキー」、「リー・キッチン」、「フリングス」)を経営し、シンガポールのホテル・マイケルで彼の一流の同楽軒(トンロック・ヒーン)を監督することに加えて、リーは数多くのテレビ出演を行い、ゲストシェフおよびコンサルタントとして世界中を飛び回っています。アイアンシェフ・アメリカに出演した後、彼は20人の競合するシェフを打ち負かし、キッチン対決でシェフのマーカス・サミュエルソンとフィレ・ナイフを交差させ、トップ・シェフ・マスターズでメディアの間に興奮を巻き起こしました。