トリップアドバイザー旅行者評価 0件のレビューに基づく
セレブリティシェフの米村は、日仏料理のパイオニアです。彼は絶妙なコンテンポラリー料理で有名な京都のミシュラン2つ星「新門前米村」の料理長です。冒険家であるシェフは、東西の独創的な融合を国際的なグルメイベントにもたらし、日本最大の航空会社である全日本空輸のビジネスクラスの旅行者向けのメニューも開発しました。
今すぐ予約
Chef Masayasu Yonemura - TEPPAN

米村昌泰シェフ
日本の京都の新門前米村のシェフオーナー
(ミシュラン2つ星)

日本の京都で生まれた米村シェフは、「米村スタイル」と呼ばれる革新的な日仏のフュージョン料理で有名です。

彼は料理学校に通いませんでしたが、1983年に、20歳で京都の高級フレンチレストランの「奥村」で働き始めました。ここで彼は料理の訓練を受け、10年の間に世界的な料理のトレンドやアイデアに触れるようになりました。1993年、米村シェフは30歳の時に京都に自分の名前にちなんだレストラン「米村」をオープンし、後に彼の特徴となる「米村スタイル」を開発しました。彼は最初のレストランの成功を受けて、2004年に東京に2番目のお店をオープンしました。

米村シェフは、日本と西洋の食材と技術を巧みにブレンドし、絶妙で洗練された現代的な料理を生み出しています。その後、彼の独自の料理スタイル、厳格な基準、最高品質の食材のみを使用する妥協のないアプローチにより、ミシュランガイド東京とミシュランガイド京都で2つのレストランが認められました。京都の「米村」は、2010年に創刊されて以来、ミシュランガイド京都で毎年絶えず表彰されており、東京の「米村」は、今でも都市で最も評価の高いレストランの一つとされています。

2010年、米村シェフは全日本空輸と共同でビジネスクラスの乗客向けのメニューを開発して飛躍しました。彼は現在も航空会社の「目利き」パートナーとして留まっています。

米村シェフはまた、アイデアを発表し、国際的なグルメイベントで料理を披露するために世界のあちこちを頻繁に訪れています。これには、2010年と2013年に開催されたカリナリー・インスティテュート・オブ・アメリカのワールド・オブ・フレーバー・インターナショナル・カンファレンス&フェスティバル、2016年のサン・モリッツ・グルメ・フェスティバル、「ようこそジャパン」が含まれます。

RWS Invitesメンバーシップ
  • 有名シェフのレストラン:イベント招待、会員価格でのご案内
  • 100を超える店舗でリベートを獲得して利用
  • Invitesのメンバーの方には駐車場ご利用代金$2.50が返金されます。

  • 詳細を見る>