Richard van Oostenbrugge-689x1033

リチャード・ヴァン・オステンブルグについて

シェフのヴァン・オステンブルグはスイスでキャリアを開始し、トップシェフと共に働き、最高レベルの料理スキルを習得しました。

彼は2008年にスイスアルプスのグスタードからアムステルダムに戻り、レストラン「Envy」に参加しました。その後、2010年にエグゼクティブ・シェフとして「Hotel De L’Europe」に参加した後、キャリアの新しい章へと乗り出しました。ホテルのメインダイニングの目的地である「Bord’Eau」は、彼の料理の指導の下、2013年に初のミシュラン星を獲得し、翌年には切望された2つ星の評価を獲得しました。

そこでの7年間の勤務期間中、彼の卓越したスキルと正確な料理の出来栄えは、名誉あるゴ・エ・ミヨ・シェフ・オブ・ザイヤー(2014)を受賞し、ほぼ完璧なゴ・エ・ミヨのスコア、19点(2017)を獲得しました。彼は、ヨーロッパの伝統的な味と、クリーンで軽い味の日本の農産物を含む世界中の影響や食材を組み合わせることで、厳格なヨーロッパの調理技術と絶妙な感性を駆使したことで評判を得ました。

現在、アムステルダム初のテーブルなしのレストランである212の共同所有者として、ヴァン・オステンブルグ・シェフの卓越したスキルは、高級料理から不要なものを取り除き、美食のスペクタクルを作成し、楽しく驚くべき組み合わせで風味豊かな優れた料理を作り上げることに焦点を当てています。

table65 - Thomas Groot-619x981

トーマス・グルートについて

アムステルダムの北にある風光明媚なリバーシティーにあるザーンダム出身のトーマス・グルートは、常にシェフになりたいと思っていました。彼は故郷の近所のブラッスリーでキャリアを開始し、オランダの料理の首都であるアムステルダムで料理の芸術を追求することを決心しました。

トーマスはROCヴァン・アムステルダムで正式に教育を受け、専門レストランのシェフとして卒業し、2007年にミシュラン1つ星を獲得したシエル・ブルー・レストランに参加しました。このレストランは、トーマスが在職して2年目の2008年に2つ目のミシュラン星を獲得しました。彼はスーシェフとして最先端の親密なレストラン「Envy」に参加し、リチャード・ヴァン・オステンブルグに出会いました。

その後、トーマスは2009年にホテル・ル・ヨーロッパに入社し、ホテルが大規模な改修を行っている間、アラン・パッサールやエリック・フレションなどの著名なシェフと仕事をする機会がありました。彼の言葉を使用すると、それは人生で「最も学ぶことのできた時間の1つ」でした。トーマスはリチャード・ヴァン・オステンブルグと一緒にホテル・ル・ヨーロッパで7年間働き、ホテルのメインダイニングの目的地である「Bord’Eau」は2013年に初のミシュラン星を獲得し、2014年には切望された2つ星の評価を獲得しました。

彼は現在、2018年に初のミシュラン星を獲得したアムステルダム初のテーブルなしのレストランであるリチャード・ヴァン・オステンブルグのレストラン、212を共同所有しています。トーマスは、シェフのヴァン・オステンブルグとともに、新しいベンチャーであるテーブル65を、オランダから日当たりの良い海岸沿いのシンガポールに初めて進出させると共に、アジアの食材のすっきりとした味にインスピレーションを受け続けています。

トーマスは7歳の息子、ストームの誇らしい父親です。彼は新しいレストランを見つける間の自由時間にストームと過ごす時間を楽しんでいます。