アート・アット・キュレート

リゾート・ワールド・セントーサでは、ミシュラン星を獲得したレストランからの国際的なゲストシェフが一年中、キュレート・キッチンを飾るために厳選した一連の料理イベント、「アート・アット・キュレート」を開催しています。アート・アット・キュレートは、2020年に、香港のアーバーのシェフ、エリック・レäイティをはじめ、アジアのフュージョン料理を専門とする素晴らしいシェフのラインナップを発表します。

予約するには、+ 65 6577 7288までお電話いただくか、curate@rwsentosa.comまでメールでお願いします。

今すぐ予約

今後のアート・アット・キュレート・シリーズ

Wine & Sake Sommelier - Takayoshi Aoki

ワインと日本酒のソムリエ
青木 高義

ホスピタリティ業界で15年以上の経験を持つ青木 高義は、インターコンチネンタル東京ベイやミシュラン3つ星を獲得したジョエル・ロブション・レストラン東京など、世界で最も有名なレストランのいくつかで雇用されており、そこで彼はメートル・ドテルを務めました。

彼は現在、リゾート・ワールド・セントーサの12の専門レストランで食品・飲料マネージャー兼ワインと日本酒のソムリエを務めており、2019年の四半期ごとのアート・アット・キュレートのショーケースシリーズの4つすべてに参加する予定です。

過去のアート・アット・キュレート・シリーズ

Art at Curate Series 16 Chef Otsuchihashi 320x325 HFB1877

アート・アット・キュレート・シリーズ16
ミシュラン1つ星の東京の「クラフタル」の大土橋真也シェフ

2019年11月1日〜7日

 

大土橋は加護島県に生まれ、幼い頃から食べ物に興味を持っていました。高校卒業後、大阪の辻調理師専門学校に通い、19歳でフランスに渡り、美食の中心地であるリヨンで学ぶために留学しました。それ以来、彼は初めに、東京のミシュランの評価を受けた「ジョージアン・クラブ」で、その後恵比寿—のミシュラン3つ星を獲得した「ル・シャトー・ドゥ・ジョエル・ロブション」などの高級料理店、そしてパリの「サチュルヌ」や東京の初代地区のレストラン「アニス」など、小規模ながら価値の高い場所の両方で勤めました。2015年に彼は彼のレストラン「クラフタル」をオープンし、2年以内にミシュラン星を授与されました。大土橋は、クラフタルという名前を、「クラフト」と「物語」という言葉を組み合わせたもの、そしてフランス語の「フラクタル」のアナグラムとして説明しています。

Daisuke Mori

アート・アット・キュレート・シリーズ15
ミシュラン1つ星の「Takumi by Daisuke Mori」の森大祐シェフ

2019年8月16〜22日

 

森大祐は、料理のブレンドという彼の好みを反映した独特で国際的な料理の背景を持ち、現在、香港のミシュラン1つ星を獲得し、高く評価されているフランス料理と和食のレストラン「Takumi by Daisuke Mori」のキッチンを率いています。2001年に日本の大阪にある有名な辻調理師専門学校で集中的な職業訓練コースを修了した後、森は世界でも有​​数のフランス料理レストランに目を向け、ミシュラン3つ星を獲得した東京の「シャトー・レストラン・ジョエル・ロブション」でキャリアを開始しました。

フランス料理の伝統と新鮮な日本の季節の食材を融合させることへの強い関心が高まり、パリの世界的に有名なミシュラン2つ星のレストラン「タイユヴァン」とマンダリンオリエンタル東京のミシュラン1つ星レストラン「シグネチャー」で印象的な任務期間へと続きました。

2010年に、森は東京海館でレストラン「タイユヴァン」のプロモーションに成功し、有名なヘッドシェフのアラン・ソリヴェレスの下で厳選された代表チームの一人として料理をしました。2010年から2014年まで、森はポーランドのポズナンに滞在し、レストラン「ジャダルニア」や5つ星ブティックホテルのブロー・アップ・ホール50/50などの高級レストランを率いて、フランスとポーランドの料理の技術を習熟しました。そこから彼は、「Takumi by Daisuke Mori」の独特な代表作の絶妙なヒントを得ました。

Chef Ryuta Iizuka

アート・アット・キュレート・シリーズ14
ミシュラン2つ星レストラン「リューズ」の飯塚隆太シェフ

 

フランスに移り、2つ星と3つ星のレストランで見習いをしました。帰国後、「ジョエル・ロブション」のレストランで働き、料理の腕を磨きました。飯塚は2005年に「ラトリエ・ドゥ・ジョエル・ロブション」のシェフとして5年以上にわたってレストランを先導し、ミシュラン2つ星評価へと導きました。2011年2月1日、飯塚はレストラン「リューズ」のグランドオープンを迎えました。飯塚は新潟県東花町の出身です。

ゲストソムリエ :丸山俊輔


日本の埼玉で生まれたソムリエの丸山俊輔は、比較的若い年齢にもかかわらず、食品・飲料業界での10年間のキャリアで多くのことを成し遂げてきました。現在、東京の六本木にあるレストラン「リューズ」のヘッドソムリエである彼のワインへの愛情と、上司からの励ましにより、彼はフランスのパリにある「Nage d’été」や「ラ・トゥール・ダルジャン」、メルボルンとシドニーにある「伝」、「割烹」、「松屋レストラン」など、世界中の有名なレストランで働くようになりました。丸山はオーストラリアのバロッサバレーにあるアカデミー・デュ・ヴァン東京とスモールフライ・ワインで訓練を受け、ワイン、カクテル、日本酒、お茶などの飲み物と珍しい食べ物との組み合わせを探す挑戦を楽しんでいます。 

Guillaume Bravacal

アート・アット・キュレート・シリーズ13
ミシュラン2つ星の「キュイジーヌ・ミッシェル・トロワグロ東京」のギヨーム・ブラカヴァル・シェフ

2019年1月18〜24日

 

1981年にフランス北部のリール近郊で生まれたブラカヴァル・シェフは、幼い頃から料理に魅了され、15歳で地元の料理学校に入学しました。彼は自分の技術を磨くことに専念し、次の4年間、「アルページュ」(アラン・パサード・シェフ)、「ルドワイアン」(クリスチャン・ル・スケール・シェフ)、「ランブロワジー」(ベルナール・パコー・シェフ)など、パリの有名な3つ星のレストランで訓練を受けました。彼は誇り高い豊富な経験を経て、ミシュラン1つ星の「アガペ」のシェフに任命されました。

2011年には「タテル・ヨシノ銀座」や「ラール・エ・ラ・マニエール」など東京のフレンチレストランで1年間働き、日本料理への関心が高まりました。その後、彼はフランスに戻り、ミシュラン3つ星を50年間維持している、称賛に値する偉業で有名なトロワグロに加わりました。2012年8月、彼はシェフのミッシェル・トロワグロによって厳選され、「キュイジーヌ・ミッシェル・トロワグロ」のエグゼクティブシェフになりました。

Art-at-Curate-Series-12-Chef-Bee-Satongun-320x325

アート・アット・キュレート・シリーズ12
バンコクのミシュラン1つ星の「ペースト」の
ビー・サトンガン・シェフ

2018年11月2〜8日


タイのシェフ、ビー・サトンガンは、ミシュラン星を獲得した「ペースト・バンコク・タイ・レストラン」の共同経営者です。彼女の多くの受賞歴の1つには、「2018年アジアのベストレストラン50」によって授与された最優秀女性シェフの称号があります。

有名なシェフは、風味と食感のレイヤー、モダンなプレゼンテーション、そして代々伝わるタイ料理の深い基礎知識で知られています。彼女は絶え間ない研究を行い、美しい古い料理本や雑誌を精査して、長い間忘れられていた成分や技術を発見します。

彼女の知識を通して懐かしい味を復活させ、洗練したものにし、過去のものを取り入れながら、それらを再発明します。

Chef Stephanie Le Quellec - Art at Curate Series 11

アート・アット・キュレート・シリーズ11
ミシュラン1つ星したパリの「ラシーン」の
ステファニー・ル・ケレック・シェフ

2018年8月3〜9日


フランス料理界で最も有望な才能の持ち主の1人として、ステéファニー・ル・ケレックはキッチンで育ったようなもので、放課後、祖母とクレーêプやビスケットを作りました。彼女の料理のスタイルは、彼女のキャリアの初期にパリのミシュラン星シェフであるフィリップ・ルジャンドルとフィリップ・ジャーディンと一緒に働いたときに形作られました。彼女のトレーニングは最も純粋なフランスの伝統を主体とし、個性に溢れ、情熱、勤勉、規律、寛大さを提供する彼女の料理に影響を与えました。

彼女は職人技によって、プロヴァンスのテール・ブランシュにある5つ星ホテルでエグゼクティブシェフの称号を獲得しました。彼女は次にホテル・プリンス・ド・ガルのエグゼクティブシェフになりました。彼女の情熱的な監督の下、ホテルのレストラン「ラ・セèーヌ」は、2014年にミシュラン星の名誉を獲得しました。ラ・セèーヌは、卓越した商品の品質と豊富な料理を備えた季節のメニューに焦点を当てた料理体験を提供し続けています。

Chef Tanja Grandits - Art at Curate Series 10

アート・アット・キュレート・シリーズ10
スイスのバーゼルのミシュラン2つ星の「シュトゥッキ」の
タンジャ・グランディット・シェフ

2018年4月27日〜5月3日


シェフのタンジャ・グランディットは化学者になるところでした。彼女は、学校を卒業した後、化学を勉強することを選びました。しかし世界中のグルメにとって幸運なことに、彼女は料理の素晴らしさへの旅に着手するために勉強から離れました。

彼女はバイアースブロンのトラウベ・トン・バッハで見習いを始め、その後ロンドンのクラリッジズとバニョール・シュル・セーèズのシャトー・ド・モンコーで見習いをしました。経験は彼女のスキルを洗練させ、色と花で目を楽しませ、香りの見事な支配で鼻に強い印象を与えることに焦点を合わせた、彼女の最終的なスタイルを形作りました。

彼女はスイスに最初のレストラン、エッシコフェンの「Thurtal」をオープンしました。2006年、彼女は夫と一緒にバーゼルの「シュトゥッキ」を引き継ぎました。彼女の卓越した料理は、ミシュラン2つ星を獲得しました。彼女はまた、影響力のあるゴ・エ・ミヨガイドによって、女性シェフ・オブ・ザ・イヤー(2006年)およびシェフ・オブ・ザ・イヤー(2014年)に選ばれました。このガイドは、シュトゥッキに20ポイント中18ポイントを与えています。

Chef Emma Bengtsson - Art at Curate Series 9

アート・アット・キュレート・シリーズ9
ニューヨーク市のミシュラン2つ星の「アクアビット」の
エマ・ベングトソン・シェフ

2018年1月12〜18日


スウェーデンの小さな町から、卓越した料理の世界最大の舞台の1つまで、エマ・ベングトソンの美食の旅は彼女の創作と同じくらい注目に値します。彼女は祖母の家庭料理への愛情のおかげで、子供の頃から料理に夢中になりました。才能は彼女とともに成長し、ストックホルムのホテル・アンド・レストラン・スクールに入学しました。

その後「Edsbacka Krog」、「レストラン・プリンセン」、「オペラシェラーäレン」など評価の高いレストランで経験を積みました。彼女の次の移動は「アクアビット」で、そこで古典的なスカンジナビアのデザートを創造的な解釈で輝かせ、レストランがミシュラン星を獲得するのに貢献しました。シェフのベングトソンは最終的にエグゼクティブシェフになり、「アクアビット」を2つ星という稀に起こる名誉へと導き、2つ星のキッチンを先導する初めてのスウェーデン人女性シェフになりました。

Chef Alexandre Dionisio -

アート・アット・キュレート・シリーズ8
ブリュッセルのミシュラン2つ星の「ラ・ヴィラ・イン・ザ・スカイ」の
アレクサンドル・ ディオニシオ・シェフ

2017年10月5〜12日


アレクサンドル・ ディオニシオは15歳で働き始め、1997年から2003年までロッキー・ルノーから基本を学び、その後、「コム・シェ・ソイ」のピエール・ワイナンツの下でコミ・ド・ キュイジーヌになりました。2008年には「シーグリル」のジュニアスーシェフとしてイヴ・マターニュに雇われ、2010年にはリアリティ番組「トップシェフ」に参加して準決勝に進出しました。それは彼が自分のレストランを設立した年でもあり、同時に最初のミシュラン星も獲得しました。

「ラ・ヴィラ・イン・ザ・スカイ」は、2014年にオープンして絶賛された「ラ・ヴィラ・ロレーヌ」のセルジュ・リトバインとのコラボレーションです。

Art-at-Curate-2017-series-3_Chef_Mingoo-Kang

アート・アット・キュレート・シリーズ7
ミシュラン1つ星のソウルの「ミングル」の
カン・ミングー

2017年8月16〜23日


2009年から2010年までスペインのミシュラン星レストランでインターンとして働いた後、 正式に訓練を受けたカン・ミングーは、「ノブ・マイアミ」のジュニアスーシェフに採用され、2011年に高い評価を得たバハマのノブのチェーン店「ノブ・アトランティス」で最年少のエグゼクティブシェフ・ド・キュイジーヌとしてキッチンを先導します。

2014年に「ミングル」をオープンし、韓国で最も影響力のあるグルメ調査であるKOREATの最優秀賞をはじめ、数々の賞を2年連続で受賞しています。

Art at Curate 2017 Series 2 - Chef Richard Van Oostenbrugge

アート・アット・キュレート・シリーズ6
ミシュラン2つ星を獲得したアムステルダムの「ボルドー・レストラン・ガストロノミック」の
リチャード・ヴァン・オステンブルグ

2017年5月5〜13日


オランダのライデンで生まれたリチャード・ヴァン・オステンブルグは、スイスの「グシュタード」でシェフとして働き始め、輝かしい16年間のキャリアを経て、英国とスペインのキッチンで料理のエリートと一緒に働き、紛れもないスタイルと感性を磨きながらフランスの技術を習得しました。

現在、リチャード・ヴァン・オステンブルグは、アムステルダムにある5つ星の「ドゥ・ヨーロッパ」のエグゼクティブシェフであり、2年間でミシュラン2つ星を獲得するという珍しい偉業を成し遂げた数少ない人物の1人です。

art-at-curate-5-chef-masayasu-yonemura

アート・アット・キュレート・シリーズ5
ミシュラン1つ星の日本の「米村」の
米村昌泰

2017年2月4〜11日


日本の京都で生まれ育った米村昌泰は、京都のフランス料理「西洋膳所おくむら」で働き始め、さまざまな料理の技法を独自のスタイルに組み合わせるようになりました。

1993年に「米村」レストランをオープンし、フランス料理に日本のアクセントを加えるという彼の才能は、すぐにグルメ界の注目を集めました。レストラン「米村」の成功により、東京に2つ目の店舗がオープンし、それ以来、どちらもミシュランガイドブックに掲載され、それぞれにふさわしくもミシュラン1つ星を獲得しています。

米村昌泰シェフは、彼のレストランにちなんで名付けられた受賞歴のある料理本の著者でもあります。

Art at Curate 2016 Series Four - Chef Ramón Freixa

アート・アット・キュレート・シリーズ4
ミシュラン2つ星のスペインの「ラモン・フレイシャ・マドリード」の
ラモン・フレイシャ

2016年11月4〜11日


ラモóン・フレイシャは、1971年にバルセロナ近郊の小さな村でレストラン事業家の家族に生まれ、キッチンの光景、香り、音に囲まれて育ちました。勉強した後、ラモóンはベルギーとフランスで手に職をつけた後、家族のレストランで働き、1998年に指揮を執りました。これは彼が最初の料理本を出版した年でもありました。

2004年には、バルセロナのグランドホテルセントラルにあるÁヴァロンでの彼の任務中に、2冊目の料理本が続きました。2009年に移動して、彼はホテル・ユÚニコで自分の名を冠したレストラン「ラモóン・フレイシャ・マドリード」の責任者になり、そこで自由を与えられ、2010年にミシュラン2つ星獲得で報われました。

2016年、ラモóンはマドリッドのコミュニティから名誉ある文化賞を授与された最初のシェフとしてスペインの歴史に名を連ねました。

Art at Curate 2016 Series Three - Chef Esben Holmboe Bang

アート・アット・キュレート・シリーズ3
ミシュラン3つ星のノルウェーの「マエモ」の
エスベン・ホルムボー・バン

2016年9月16〜25日


エスベン・ホルムボー・バンは、2016年にミシュラン3つ星を獲得した、ノルウェーのオスロにある画期的なレストラン「マエモ」のヘッドシェフ、共同所有者、創造力です。彼はコペンハーゲンで生まれましたが、料理のキャリアが勢いよく発進したのはオスロでした。

持続可能性と農業に重点を置いた家族で育ったため、シェフのインスピレーションが自然から来ているのは不思議ではありません。彼の料理は、原材料の自然な風味と品質に根ざしており、完全に新しい物に再構成する前に、必要最低限​​に戻し、ノルウェーの味をお皿の上で生き生きとさせます。

シェフのエブセンの大胆な料理スタイルは、コニャウシェンティで多くのファンを獲得し、タイムマガジンの「世界で最も影響力のある100人のシェフ」にリストされています。彼はまた、エリート・トラベラー・マガジンによって「2016年のヤング・シェフ・オブ・ザ・イヤー」に選ばれました。

Art at Curate 2016 Series Two - Chef Guy Martin

アート・アット・キュレート・シリーズ2
ミシュラン2つ星のフランスの「ル・グラン・ヴェフール」の
ガイ・マーティン

2016年7月8〜15日


1957年にブール・サン・モーリスで生まれたガイ・マーティンは、1976年に地元のピザ屋で働き始めました。彼は古典的な料理本「Gastronomie Pratique」を偶然見つけて、500種類のレシピを自分で試してみました。そこからは料理界の歴史となりました。

1981年、シェフのマーティンは「ルレ・エ・シャâトー」に入社し、ジュネーブ湖でシェフ・ド・キュイジーヌ・エ・シャâトー・ド・クéドルとして3年間働いた後、「ディボンヌ・シャâトー」で26歳という歳でエグゼクティブシェフになりました。1985年、彼は最初のミシュラン星を獲得しました。1989年、2番目の星を獲得しました。1991年に、彼は歴史的な「ル・グラン・ヴェéフール」に移りました。

シェフのマーティンのスタイルは、フランスのさまざまな地域からの高品質の食材に重点を置いた、モダンで官能的で大胆なものです。芸術と音楽の愛好家である彼は、ジャック・オッフェンバッハ、モーツァルト、グレン・グールドを料理の枠を探求するためのインスピレーションとして取り込み、作品の新しい色、味、プレゼンテーションを考案しました。

高く評価されているシェフは、キャリアを通じて20冊以上の料理本を執筆し、テレビ番組もホストしています。2012年に、彼はフランス政府から全国レéジオンドヌール勲章の「役員」に選ばれました。

Art at Curate 2016 Series One - Chef Massimiliano Alajmo

アート・アット・キュレート・シリーズ1
ミシュラン3つ星のイタリアの「ラ・カランドレ」の
マッシミリアーノ・アラジモ

2016年4月29日〜5月6日


ミシュランガイドが2002年にファミリー・イタリアン・レストランの「ラ・カランドレ」に3つ星の地位を与え、マッシミリアーノ・アラジモはわずか28歳で、その切望される地位を獲得した最年少のエグゼクティブシェフの1人になりました。

現在、42歳のシェフはキッチンの内外で成功している起業家です。兄のラファエルと妹のローラと共に、 彼はシェフとレストラン所有者で構成されるアラジモ家の5世代目の一人で、「ラ・カランドレ」と家族所有の他の2つのレストランで合計5つのミシュラン星を持つ「リストランテ・クアードリ」と「ラ・モンテッキ」のキッチンを監督し、ビストロ、イル・カランドリーノ、「abcクアドリ」、「abc モンテッキア」、パリの「カフèェスターン」などのネットワークもあります。

取締役会に出席し、イタリア料理学校のマスター・デッラ・クチーナ・イタリアーナで定期的に講義を行うほか、シェフのアラジモは受賞歴のある料理本「In.gredienti」を発行し、純粋なエッセンシャルオイルのスプレーラインのLeEssenzeと、アラジモ兄弟によって設計され、有名なイタリアの職人によって製造される食器のコレクション、alajmo.designを所有しています。

シェフのアラジモは、料理への多感覚的なアプローチと、食材の真の本質を引き出すために食材を深く探求することを好むことで知られており、自分の創作料理をシンガポールに紹介できることに興奮しています。彼はこう言います。「シンガポールは、世界で最もダイナミックなフードシーンの1つです。ル・カランドレの伝統的な料理と最新の研究の成果の両方を街の人々と共有できることを嬉しく思います。」

Wine & Dine
Singapore Tourism Award 2018 - Best Dining Experience - CURATE
RWS Invitesメンバーシップ
  • 有名シェフのレストラン:イベント招待、会員価格でのご案内
  • 100を超える店舗でリベートを獲得して利用
  • Invitesのメンバーの方には駐車場ご利用代金$2.50が返金されます。

  • 詳細を見る>