Please touch! Museum - Trick Eye Museum

「どんどん触ろう!」ミュージアム

「展示物に触らないでください」や「写真撮影禁止」などの看板はありません。すべての展示作品には自由に手を触れ、写真を撮っていただいて構いません。普通ではない体験をお求めなら、トリックアイ・ミュージアムは最高の場所です。是非、ここでしかできない不思議な体験をお友達やご家族と共有してください。

「トリックアイ・ミュージアムでは童心に帰れるよ」 – ティム(33歳)

Interactive! Museum - Trick Eye Museum

「体験型!」ミュージアム

展示物の中に足を踏み入れたり、潜り込んだりしてみましょう。絵の中の人物と対話し、自らが展示作品の一部になることができます。この超現実的なギャラリーは、To-Doリストから外せません。

「自由に絵画の中へ飛び込んでみてはどうかしら」 – グレース(17歳)

Trick Eye! Museum - Trick Eye Museum

「これって本物!」ミュージアム

これは手品なのか、それとも錯覚なのか!80点を超える錯視アートの絵画とインスタレーションアートにびっくり仰天し、思わず二度見してしまいます。ご来館の前に、カメラのバッテリーを充電し、メモリーの空き容量が十分にあることを確認しておいてください。

「自分の目もカメラのレンズもだます絵画だわ」 – アレクサンドラ(24歳)