イルカについて学ぼう

トリップアドバイザー旅行者評価 0件のレビューに基づく

ミナミハンドウイルカは中国南部や東南アジア、オーストラリア、アフリカ東部などの温暖な地域や熱帯地域に生息しています。

海岸に近い沿岸水域を好み、主に2頭から15頭の群れで行動しますが、敵や獲物がいる場合は数100頭の大きな群れを作ることもあります。

イルカについて学べる交流プログラムに今すぐご登録ください!

問い合わせを送信

ご存知でしたか?

  • 最近まで、ミナミハンドウイルカのすべての種は、ひとまとめにしてバントウイルカとして分類されていました。1998年、ミナミハンドウイルカは遺伝子と腹部の斑点を含む形態学的違いによって、別の種として認められるようになりました。
  • イルカの中には、人間のように道具を使うものもいます。西オーストラリア州のシャーク・ベイで見られる「海綿」のテクニックのように、イルカのメスは子供に特殊な技術を教えることがわかっています。このエリアに生息するイルカたちは、海底で獲物を捕まえる際、円錐型の海綿を使って鼻を守ります。

外見

  • ミナミハンドウイルカは一般的なバンドウイルカよりも小さく、鼻が比較的大きいことが特徴です。
  • 背中部分は濃い灰色をしており、子供のイルカの腹部は非常に薄い灰色をしています。成長するにつれて腹部に斑点が現れてきます。
  • 円錐型の歯が80~110本あります。ミナミハンドウイルカの歯は食べ物を噛むためではなく、獲物をつかまえるために使われます。

エサ

ミナミハンドウイルカは幅広い種類の魚、イカ、甲殻類を食べます。

環境への順応

ミナミハンドウイルカの体は流線型で複数のひれ足と尾ひれ、背びれがあり、海の中での生活に適した形をしています。。

繁殖

  • ミナミハンドウイルカは5~12歳で生殖機能が発達します。
  • ミナミハンドウイルカは多婚性です。繁殖期になると複数のパートナーと子作りをします。
  • ミナミハンドウイルカの妊娠期間は平均12カ月間です。
  • 出産は水の中で行われ、イルカの赤ちゃんは通常尾ひれから生まれてきます。

イルカの特徴

エコロケーション: エコロケーションはイルカが持つ能力の中でも最も不思議なものの1つです。イルカは周波数の高い超音波を発し、周囲にあるものによって反射される音波を聞くことができます。この音波は神経インパルスとして脳に送られ、イルカはこれを使って音だけで3次元の空間認識を行っています。

主な脅威

  • サメ
  • 人間による漁
  • 沿岸部の流出や体積による汚染
  • 船舶による騒音
RWS Invitesメンバーシップ
  • SGD350以上のウェルカムクーポン
  • 会員価格での商品・サービス提供、特別イベントへの招待
  • 100を超える施設でリベートを獲得して利用
  • Invitesのメンバーの方には駐車場ご利用代金$2.50が返金されます。

  • 詳細を見る>